2010年08月31日

水泳中の水分補給について



暑い毎日がまだまだ続いています。

こんな時は、プールに行って冷たさを実感したいですね。

しかし、今の時期のプールはかなり水温が上昇しています。

屋外のプールだと水温30度以上はあたりまえ。 環境によっては、35度にも、なることがあります。

また、屋内プールでも、30度以上を保っている施設がほとんどですね。

水温が30度を超えると、発汗率が平常の2倍になり、脱水が起こり始めます。

プールで、遊んでいたり、泳いでいたり、していても、脱水症状には、十分注意しなくてはいけないのです。

以前は、陸上での運動についての水分補給が多くいわれてきましたが、実は水中でも水分補給が必要なのです。

一般的に、プール利用中は水分補給をしないのが多く見られますが、コレは、大変危険なことなのです。

プールで一生懸命に泳いでいなくても、軽く遊んでいるだけでも脱水が起こり始めていることを頭に入れて、陸上と同じように、早い目の水分補給を心がけましょう。

今は、どこのプールでも、水分補給用のペットボトルや水筒は、プールサイドに持ち込みOKになっていると思います。


では、どのようなものを飲むと良いのでしょうか?

汗によって失われた電解質を補給するためには、適度な塩分と糖分を含んだスポーツドリンクが最適です。
特に、「一生懸命に泳ぐ」場合は、「100ml当たりの栄養成分表示で、ナトリウムが40~100ml」のモノを選びましょうね。




健康応援スイミングが始まります。
まったく泳げない方から、初心者の方までの水泳教室です。

今回もヨロシクお願いしますね♪

(C)シェイプアップスタジオ

このブログの最新の記事へのリンク

このブログの最初の記事へのリンク

和歌山のダイエット情報&健康情報発信ブログ








Posted by シェイプアップスタジオ at 11:16│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。