2009年11月09日

骨粗しょう症の予防と改善



●骨粗しょう症予防改善の為の運動●

骨を強くするためには、食事やサプリメントから栄養素を摂るだけではダメです。

骨に適当な刺激を与えなければいけません。

宇宙飛行士が長期間、宇宙に滞在していると、重力の影響を受けることが出来ず、骨が弱くなります。

宇宙ステーションの中で、筋肉トレーニングをしていますが、それでは補えきれないのです。

又、長期療養などで、ベッドの上だけの生活を続けても、骨が弱くなってきます。

私たちに大切なのは、地球の重力なのです。

重力に逆らって、起き上がり、立ち上がって、歩きましょう。

膝や腰に、もっとも適した刺激が、運動によってもたらされます。

一日10分で良いです。 毎日でなくてもかまいません。

とにかく、「歩く」をはじめることです。

慣れてきたら、時間や距離を増やしていきましょう。

一度に、長時間歩かなくても、2回や3回に分けて歩いても、効果が出ます。

さらに慣れてきたら、少し意識をして、早足で歩くようにしましょう。

このように運動は、「まったく行なっていない」事を「始める」ことが重要であり、最初から、「毎日」とか、「1時間」とか考えないほうが、始めやすいですね。


すでに、足や腰に故障が発生している方は、「水中歩行は足腰への負担が軽い」ことを思い出してください。

今の季節、プールは「温水」です。 民間の施設行けば、高くつくので、県や市などの公立プールに行きましょう。

一回500円~600円程度で利用することが出来ます。

プールを利用する時の注意点は、「冷え」に注意。 です。

温水プールですが、水の温度は体温よりも低いですよ。 おそらく30度から31度くらいでしょうね。

プールに浸かってじっとしていると、冷えてきます。 すると、身体は冷えから守ろうと脂肪をつけるように働きます。

良く、プールで立ち止まって長話しているのを見かけますが、もってのほかです。

おしゃべりする時も、歩きながら、動きながら、会話を楽しみましょうね。






Posted by シェイプアップスタジオ at 11:37│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。