2009年10月19日

関節に痛みのある人の運動「2」

●関節に痛みのある人の運動●

関節を健康な状態に戻すために。
又、健康な状態を維持するためにも、運動が大切だということがお分かりいただけたと思います。

それでは、実際にどのように運動をすれば良いのでしょうか?

まず、その痛みが、「運動をしてもよい痛み」なのか?「運動をしてはダメ」なのか?
を、見分けなければいけません。

正確には、整形外科のお医者さんに相談するのが重要なことです。

われわれが判断する時には、「その痛みが慢性期なのか?急性期なのか?」を判断します。

痛み出してから3ヶ月以上たっていれば、ひとまず運動してもよい痛みでしょう。

また、運動中や運動後に痛みが発生する場合などは、注意が必要です。

痛くない範囲で動かしていても十分に効果が出ますので、わざわざ痛みの出るところまで動かす必要はありません。

運動中に少し痛みが出ても、30分も経たないうちに痛みが引くようなら、あまり心配はいらないでしょう。

「ポンプのような作用」で、関節を動かして、関節包に貯まっている関節液を循環させましょう。


注意する点としては、「やりすぎ注意」です。

ウォーキングでも、歩きすぎると膝が固くなったように感じる時があります。

これは明らかに「運動しすぎ」です。

あくまでも「適度な運動」を心がけて、ゆっくりと長期間続けることが大切ですね。







Posted by シェイプアップスタジオ at 11:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。