2009年06月19日

脂肪燃焼効率のよい、運動方法



脂肪燃焼効率のよい運動方法

運動する「部位」や「形態」によって、脂肪燃焼効率が変わります。

たとえば、同じ仕事率(ワット)でも、腕を曲げたり伸ばしたりする運動は、脚を曲げたり伸ばしたりする運動よりも、脂肪燃焼効率が高くなります。

このことは、「単なる自転車こぎ」よりも、「腕を大きく振って歩く」方が、脂肪燃焼効率が高いことを意味します。

ただし、「同じ仕事率(ワット)」での比較と言うことを忘れないでね。。

「自転車で時速12km」と「速歩で時速6km」が、共に4メッツであり、「同じ仕事率(ワット)」と言えるでしょう。


次に、「速度」と「負荷」の関係です。

筋肉が動く時は、「強さよりも、回数」を上げたほうが、脂肪燃焼効率が上がります。

同じ自転車こぎ(ワット)でも、ペダルの重さを「軽くして速くこぐ」ことが「重くする」事よりも、脂肪燃焼効率が上がるのです。

このように、少しの工夫で、脂肪燃焼が効率よく行なわれるようになります。

毎日ウォーキングを実施するのなら、大きく手を振って歩きましょう。

手は、後へ大きく振ることを意識することがポイントです。

また、自転車へ乗る時は、「ギアを低く」して、回転数を多くして漕ぐように心がけましょうね。

あなたにあった、運動を選んで、メタボリックシンドローム撃退、健康的なダイエットに向かって突き進みましょう。



シェイプアップルームでは、知識の豊富なトレーナーがご案内します。
効果的な歩き方は、直接お聞きくださいね。
シェイプアップルームチラシはこちらからどうぞ。


(C)シェイプアップスタジオ

このブログの最新の記事へのリンク

このブログの最初の記事へのリンク

和歌山のダイエット情報&健康情報発信ブログ



Posted by シェイプアップスタジオ at 10:53│Comments(2)
この記事へのコメント
教えのとうり、ギアを低くして、走ってますが、

帰る時間が若干、遅くなりました。

ビールというゴールを目指して走ってます。
Posted by karadakarada at 2009年06月21日 11:37
karada さん

こんにちわ。

「ビールというゴールを目指して!」
って、いい言葉ですね。

常に、そんな感じですよね。
Posted by シェイプアップスタジオシェイプアップスタジオ at 2009年06月21日 18:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。