2009年06月11日

お腹の脂肪を取り除く



お腹を引っ込ますための『有酸素性運動』とは、どのようなものなのでしょうか?

まず、ご理解いただきたいのは、「お腹の脂肪を取るための有酸素性運動」は、ありません。

有酸素性運動を行なうと、「全身の脂肪が燃焼」されて、取れていきます。

つまり、「脂肪は狙った場所」の脂肪だけを取ることは出来ない。
全身の脂肪が取れていく中で、「お腹の脂肪」も取れていくのです。

ちなみに、「筋肉は狙った場所」の筋肉だけをつけることが出来ます。


手軽な「家庭で出来る」「自宅できる」「いつでも出来る」「簡単に出来る」有酸素性運動の代表が「歩く」なのです。

歩き始めると、最初は「糖質」がエネルギーとして使われますが、やがて「脂肪」がエネルギーとして使われだします。
この仕組みが、「有酸素性運動で脂肪が使われる」仕組みです。

「強い有酸素性運動」だと、糖質の割合が高く、「軽い有酸素性運動」だと、脂肪の割合が高いのも特徴です。

「歩く」とこは、「かなり軽い有酸素性運動」であり、そのエネルギーにおける脂肪の割合が高いのが大きな特徴です。

★ゆっくりと歩く場合
 約1時間、4kmくらい。
★速く歩く場合
 約1時間、6kmくらい。
これを目標に、「一度に1時間歩かなくてもよい」のです。
「朝30分と夕方30分」でも効果はほとんど変わりません。

「毎日」が大切なことです。

「歩く」を「自転車」「ジョギング」「水泳」に変えると、さらに効果的です。

有酸素性運動と筋肉トレーニングのバランスを大切に、軽い運動を続けましょう♪

今年の夏は、「くびれたウエスト」で、海水浴を楽しもうね。

「脂肪と炭水化物のエネルギーの割合」を参考にね。




(C)シェイプアップスタジオ

このブログの最新の記事へのリンク

このブログの最初の記事へのリンク

和歌山のダイエット情報&健康情報発信ブログ




Posted by シェイプアップスタジオ at 10:04│Comments(2)
この記事へのコメント
やっぱりお腹の脂肪だけを狙って減らせないんですね。(ガックシ)


私は走っているので、全体的に絞れてはきつつありますが、お腹の脂肪だけは頑固に居座り続けております。


まだまだ修行が足りていませんね。
Posted by 海を越えて at 2009年06月12日 12:50
海を越えて  さん。
こんにちわ。

「全体的に絞れて来ている」のであれば、
「腹筋」で、筋肉強化を図りましょう。

(実は、私のお腹にも、居座ってます。)
Posted by シェイプアップスタジオシェイプアップスタジオ at 2009年06月12日 16:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。