2009年11月16日

体重か?脂肪か?



●体重って何だろう?●

毎日、ダイエットを気にしているかが多いと思います。

ココで、体重について考えて見ましょう。

体重が減った。というコトバを聞くときがあります。

あなたは、どんな時に体重が減ったと感じましたか?

サウナに入って汗をかいたら、体重が減った。

食事制限をして、体重が減った。

体調を崩して、体重が減った。

運動を続けて、体重が減った。

まだまだ色々と考えられますが、いかがでしょうか?

体重が減った時、何が減ったのか?を、考えたことがありますか?


人の身体は、骨と、筋肉と、脂肪と、水分と・・・など、さまざまな成分で出来ています。

いったい、何が減れば、「真の目的」達成なのでしょうか?

骨が減れば、骨折や骨粗しょう症の危険が増します。

筋肉が減れば、身体を動かしづらくなったり、すぐに疲れたりします。

水分が減れば、血液などの体液が流れにくくなり、身体にとってたちまち危険な状態に陥ります。

もう、お分かりのように、体重を減らすということは、脂肪を減らすことが重要なのです。

骨や筋肉量を増やし、水分量を一定に保ち、脂肪を減らすことが最適な事なのですね。

体重を減らすのではなくて、脂肪を減らすことを考えましょう。








  


Posted by シェイプアップスタジオ at 10:29Comments(4)