2009年11月03日

ゆっくり動かそう



●スロートレーニング●

皆さんは、「軽い運動」に励んでいることと思います。

そろそろ、「軽い」では、物足りなくなってきていませんか?

運動の効果を考える時に、負荷を意識することが大切です。

負荷とは、回数・速さ・重さ・頻度など、色々と考えられますね。

しかし、自宅で運動を行なう場合、重さの負荷を変えることが困難な場合が多いでしょう。

そこで、高強度の運動と同じくらいの効果を得られる方法として、「ゆっくり動かす」方法をお勧めします。

筋肉に力が入っているときは、筋肉内の圧力が高まり、血管を圧迫して血流を減少させます。

血流が制限されている状態での運動は、筋肉内を低酸素状態にします。

このことにより、筋肥大・筋力増強が起こりやすくなるのです。

外的にベルトなどで血流を制限して行なうトレーニングが話題になったことがありますが、そのメカニズムとよく似たとこが起こっていると考えられます。

私がお勧めしている「簡単で軽い運動」では、3秒かけて動かして、1秒停止、3秒かけて元に戻る。

このように、筋肉内の圧力を高い状態で保って、運動しましょうね。






  


Posted by シェイプアップスタジオ at 17:35Comments(0)