2008年12月15日

運動強度の目安(2)


ダイエットのプロ「ダイエットマスターの資格を取得しています。

ダイエットのための運動では、有酸素性の運動の中でも、強度の高い運動も、併用して行うと効果が高い。
ただし、「続けること」を第一に考える事が大事なので、無理やり「強度の高い有酸素性運動」を取り入れる必要はない。
「60分間持続できる範囲で高い強度」は、かなりのレベルだね。
それならば、「筋肉トレーニング」を併用しよう。
「中程度の強度の有酸素性運動」と「筋肉トレーニング」を行おう。
スクワットシットアップを取りれよう。
◆ストレッチ・・・毎朝
◆有酸素性運動・・週に4~5日
◆筋肉トレーニング・・・毎朝



(C)シェイプアップスタジオ


  


Posted by シェイプアップスタジオ at 19:01Comments(0)